出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

公明党・自民党はセクハラに消極的賛同の姿勢なのだろうか?

2014年06月20日

女性議員に対するヤジ「産めないのか!?」問題。

 

「セクハラするなら公にならないようにやりなさい」という消極的許容姿勢なのでしょう。公明党の太田昭宏国土交通相と自民党の森雅子少子化担当相・田村憲久厚生労働相・菅義偉官房長官の都議会本会でのセクハラヤジ問題を受けてのコメントは概ね穏やかに過ぎると思いました。

 

注意・再発防止申し入れ程度では「そんな程度で終息?な〜んだセクハラって大して悪いことではないんだ〜」と世に間違ったメッセージを発信するようなものだと思います。セクハラ行為を擁護するようなものになってしまえば、民間企業内でのセクハラはお墨付きを得て高圧的隠ぺいが一層激化するでしょう。自民党内での森大臣の孤軍奮闘を願います。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています