出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

セクハラ発言の責任追及の矛先はセクハラ発言議員個人から当該議員を擁護した東京都議会自民党へと飛び火する様相。

2014年06月20日

東京都議会自民党の幹事長が「セクハラ発言議員を特定しない」旨のコメントをしたそうですが、...「産めないのか!」発言を看過して議員数を維持するメリットと切り捨てないことで受けるデメリットとを比較し直し...君子豹変すとなるであろうか?

 

問題視しない・追及しない同党議員も同類と思われる可能性がありますので、支持者への説明にあぶら汗をかくことでしょう...ただでさえ季節がら蒸し暑いのに...いやはや大変だ。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています