出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

小規模食事業者に所管行政官以外の人が食品関連法についてアドバイス・代行する時の留意点。

2014年06月11日

厳密に法に照らしは論外ですが、大体合致するようにアドバイスするだけでも「頭がおかしい人」と思われる場合が結構ありますので、最低ライン「健康危害リスクの高い7アレルゲン表示漏れさえなければ致し方ない」と思うしかないかもしれません。

 

とんでもない認識と外野から非難されるのは世の実情を知らないからというか知らないことにしたい立場の人が多いからでしょう。

 

食産業に限ったことではないでしょうが、不正競争下では悲しいかな少しずつ是正する・レベルアップするという気持ちを失わないならそれで上等です。

 

実効を伴う底上げには小規模食事業者側よりも行政側により多くの痛みが伴いますので、不正競争状況が改善に向かうことは望めません、ニッチに生きる・這いつくばって生きる私にはツライ状況です。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています