出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

食の安全安心のネックは小規模食事業者への法改正を含む情報周知です。

2014年06月11日

ネックというよりはアキレス腱(急所)と言った方が妥当かもしれません。

 

「何となくそれらしい」風であれば事業活動に支障を感じない事業環境にあります、消費者も小規模食事業者には不作為の不適正・違反があるだろうことは漠然と理解した上で使い分けしますので、行政側もそれを前提に手綱を調整してきました。

 

監視・罰則を「形式的に」強化しても事なかれ主義を貴ぶ文化が廃れるとは到底思えませんので、運用は従前となります。それは必然です。

 

真っ正直に運用しようとしてもその上司が上手くいなしてくれるでしょうから、大事に至ることは回避できるでしょう。行政官が真っ正直に行動するには消費者・消費者団体の協力な支持が不可欠ですが、そういう雰囲気は皆無ですので、上手に泳ぐことを他者から非難される筋合いはないでしょう。

 

私は民間人ですが行政官だったとしたら上手に泳ぐことを選択するでしょう、消費者も事業者も行政官も建前と本音を使い分けますので、梯子は外されますから。自分の身を自分で守れるような経験を積むまではそろりそろり慎重に歩を進め落とし穴に落ちないよう気をつけてください。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています