出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

原発立地県と製造所固有記号。記号使用は風評被害回避策として使えますが、...

2014年05月22日

原発で何らかの事故が起こった際には消費者視点では当然「消費者をだます意図」「製造地ロンダリング」と思われてしまうかも。

 

勿論、製造所固有記号制度の建前と運用実情の差異を消費者は勿論のこと所管行政機関さえも知りません(知らない方が幸せ)ので、製造所固有記号制度はある種の景品表示法違反を合法化するロンダリング制度となっています。

 

縦割り行政の弊害を消費者庁が穏当に是正して行かれることでしょう。

 

全国に複数工場を有し包装資材の共有化(ゴミ削減効果大)として製造所固有記号制度をその趣旨に沿い清く運用している企業の方々には甚だ心外な話で、...恐縮です。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています