出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

従業員数30人未満の食品加工・製造企業に食品関連法順守を求めるのは酷、ですし、

2014年05月14日

消費者も所管行政も寛容ですので何らかの違反が常態化していても通常は営業上支障を生じることはありません。

 

小規模食品業界の経営環境として食品関連法順守は必須ではありませんので、経営者が違反の事実に気づかず違反が常態化している、それが普通です。

 

販路を広げる際に商品規格書の不備を食品関連法に精通した卸業者・量販店から指摘され違反を修正する、という経験を積むことによって徐々に食品関連法順守実務は身につくものです。

 

 

 

健康食品における景品表示法のように実質的無法状況下では厳なる法令順守志向の企業は不正競争下に晒されます。表示について実質的規制緩和を消費者庁が検討しているそうで、良貨には誠に気の毒ですが、これ幸いと実質的にはロンダリング制度と化すでしょう。

 

企業から大学の研究室への寄付が増えるでしょう。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています