出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

七十七銀行女川支店津波訴訟。次は「スタッフ一人を帰宅させた」ことが争点となるのでしょう。

2014年02月26日
亡くなられた支店長さんが支店外の高台へ避難する途中で行員が津波被災することを危惧なさったのであったなら、スタッフの方に帰宅を許可したことと矛盾するのではないでしょうか?

スタッフの方への安全配慮義務は無い、スタッフの方が自己判断で津波被災してもそれは関知しないということだったのでしょうか?それは違うのでは?

津波襲来がなかった場合、防災マニュアルで規定していた支店屋上に「留まる」のでなければ本店から「過剰避難」「支店を放棄した」と非難・責を受けることを危惧なさったのではないだろうか?

想像の範ちゅうですが、「蓋然性」は追えるのではないでしょうか。

仙台地裁裁判長もサラリーマンですが、個々の企業文化とは外の人間にはなかなか理解に苦しむところがあるものです。私の考えは想像でしかありませんが、いろいろな企業を観てきた経験から以上のように思います。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています