出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

七十七銀行女川支店訴訟。苦渋の末に訴訟を起こした遺族の方々の思い、私の心を揺さぶりました。

2014年02月25日
訴訟を取り下げるに足る真摯な態度を銀行側が示せなかったこと、それが全て。

棄却されたことで企業統治のタガ=上司指示の法的拘束力、は緩むでしょう。ですから、いずれ本件とは別の裁判で本判例を打ち消す判例が「国の都合」「財界の都合」で出されることでしょう。

訴訟を起こしたこと自体に社会的意義があり、その想いに私は敬意を抱きます。この判例如何にかかわらず、この提訴自体がきっとこの先人命を救うでしょう。もはや企業側が「想定外」「予想外」という言葉を使い難くなりますので。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています