出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

マルハニチロ・アクリフーズで起こった事件。「犯人に一抹の良心があったのかもしれない」という思考も報道関係者にはご考慮願いたく思います。

2014年01月26日

健康被害を大きくしようと思ったら、こんな「稚拙」な方法は選択しなかった可能性があります。単に会社側への嫌がらせに止めるためだったのかもしれません、勿論専門知識不足での犯行という可能性が高いのでしょうが。

人の心を支配することは出来ませんのでこういう事件はどんなに努力しても防げません。事件が発生することを前提とした企業存続策を練る、それが悲しいかな現実路線です。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています