出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

「業界の慣例に準じ」「他社を参考に」これが所管行政機関の急所。

2013年11月07日
小規模食品製造業界では「これまでも」「これからも」青ざめるキーワードです。青ざめない行政官は余程所管業界事情に疎い人で、その分上司が青ざめるでしょう。

メニュー誤表示問題が広範に止めどなく続いている状況は一流ホテル・百貨店だからでしょう。小規模食品業界では同業他社で問題が公になっても他人事で自発的に調査をすることもないでしょうし、まして公表にも至らないでしょう。

小規模食品業界は所管行政機関にとってアキレス腱。手をつければ無限地獄に陥る。

消費者庁には農水省系の人が多いと聞きます。産地偽装が「業界の慣例」であったことを知らずに?警察沙汰にしてしまい大恥をかいた過去の痛い経験があるゆえに、一連のメニュー誤表示に不正競争防止法違反を適用することはしません、天に唾する行為であることは学んだでしょうから。

おいちゃん、言いたい放題、怖いもの知らず、...というよりは失うものの無い強み、...悲しみ、かな。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています