出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

阪急阪神ホテルズの誤表示問題の火消しを消費者庁「等」の行政側が速やかに行わないと火の粉は行政側に向かう、かも。

2013年10月31日
本来、行政側の責任が問われて然るべきですから、独り同ホテルの問題と矮小化し速やかなる火消しをしたいというのが行政側の思惑だろうと思います。

現役がホテル側に頭を下げて速やかなる改善報告提出・早期収拾をお願いすることはできないでしょうから、意をくんだ筋が協力しては如何でしょうか。心ある所管行政関係者は針のむしろ状態でしょう。

私は心無い市井のおいちゃんですから、無責任発言にて相済みません。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています