出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

小規模食品事業者の場合、「一般生菌数・大腸菌群の意味を知る従業員が誰もいない」というのが普通です。

2013年08月01日

食品衛生行政官にとっては頭を抱える問題でしょうが、この状況は先々まで変わらず続きます。

事業者側としては問題が顕在化して初めて「一般生菌数って...何?」「大腸菌群?...それって何?」と少し青くなることがあるかもしれませんが、...規模の小さな食品事業者ではそういうのが普通です。

困ったことが起きて初めて知る必要に迫られる、世の中そんなもんです。問題が顕在化するかどうか・事業継続が出来るか出来ないか、それは「概ね」食品行政側の手綱の締め具合・緩め具合次第です。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています