出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

参議院選は共産党候補に投票して共産党にプレッシャー掛けようかな〜と思ったりしましたが...

2013年06月28日
共産党国会議員の方々の食の安全に関する知識の偏重振りにガッカリ。

TPP参加で食の安全が揺らぐことを心配する、それは理解できますが、それならなぜ食品表示法にあっさり同意したのか...この法はその趣旨がどうであれ規制緩和の文言を後ろ盾として実動部隊の行政機関・行政官は意図的に誤用(悪用とまでは言いません)し、結果小規模食品事業者を中心に食の安全が後退することになります。

せめて、「小規模食品事業オーナーへの啓蒙活動」と「健康問題を抱えた消費者への実態に沿った食選び教育」を食品行政機関がその良心に沿って行って頂きたいもの、そう願います。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています