出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

2年以内に施行されることになった食品表示法は一層の不正競争を招きます。

2013年06月27日
消費者庁が不正競争促進を意図しているとは流石に思いません。食品行政は善意でだと思いますが現実逃避してきましたので、現実直視を文言に入れただけ前進した法とも言えなくはありません。

しかし、小規模食品事業者とそれ以外との線引き規定が消費者に浸透しなければ、それ以外の事業者にとってはコスト競争で官製不正競争に晒されることになります。

施行後、更に見直しをかけるそうですが、消費者庁には食品業界(政治家も含む)・消費者団体・他官庁(地方自治体も含む)から相反する要望が来るでしょうから、消費者庁の担当の方々は大変だな〜と思う♪痴〜呆〜人〜♪、ちょっと久保田早紀さん風。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています