出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

食品行政はなぜ人命を軽視するのか...理解に苦しむ。

2013年06月21日

加熱用馬肉を生食用と偽って販売して逮捕。容疑は食品衛生法違反ではなく不正競争防止法違反とのこと。


「意図的」に食中毒を起こしても逮捕しない・されない、食品衛生法とは少なくとも消費者のための法ではない。不正競争防止法は主に真っ当に商売する事業者のための法、二義的には消費者をも利する法。


食品衛生法を独学・小資本で順守するには...確かにハードルが高いですから、行政側が委縮するのも致し方ない面はありますが、単に規制緩和や運用で逃げる一方では状況は一向に改善しないでしょう。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています