出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

商談に必要な商品カルテ・商品規格書の書き方は卸業関係の方に教えてもらうといいでしょう。

2013年05月02日
商品カルテ・商品規格書は商取引で必要とされる文書ですので、食品行政機関に書き方を訊いても書いた経験が無いでしょうから断片的にしか答えられないでしょう。

小規模で6次産業化に取り組み、自社書式を初めて作り商談先・販売先に書類を提出する或いは商談先・販売先の専用書式に初めて書き込み提出するという場合には戸惑うでしょう。

そういう時は食品卸業関係者に書き方を教えてもらうといいでしょう。アレルゲン・食品添加物の記載漏れ等があった場合、回収・損害賠償・果ては刑事事件になりかねませんので、その道の方に相談した方がいいと思います。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています