出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

法令違反・規格基準不適合(大腸菌群陽性など)・異物混入が起こった際の詫び状・改善報告書・顛末書は自社実情を踏まえて書くしかありません。

2013年04月11日
正統派の改善策・是正策を講じることが出来るなら、教科書通りに苦も無く書けるでしょう。

しかし実際は...品質保証視点で当たり前と言われてしまうことが出来ない制約があるからトラブル・苦情が発生します。

人・金・物(分析機器など)の制約がある中、教本的対応は百も承知の上で...「現実的」改善策・是正策を講じる、それが中小零細食品製造会社における品質保証実務、というものです。教本通りにやれるなら・やっていいなら、脳みそは必要ありません。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています