出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

己を捨てて事に当たれば自ずと道は開ける、結果論かもしれませんが、善き人は勿論悪き人も道を開けました。

2013年03月26日
運が良いといえば運が良いのでしょうが、私はそれでトラブルを解決してきましたし、人助けをしてきました。私も自分はかわいいですが、二進も三進も行かない状況に追い込まれると己を捨てる以外に道を見い出せず、やむなく採った・至った境地。

善き人が道を開けるのはわかるでしょうが、悪き人も道を開ける。善き人は巳を捨て他者を助けようとするその覚悟を察し温情で道を開け、悪き人は己が悪しき者であるがゆえ他者が巳を捨て他者を助けようとする行為を理解できず恐怖し道を開ける...結果としてそうだったのだろうと思います。

この十余年を振り返り私はただ運が良かっただけ人に恵まれただけなのかもしれません。終わりは何れ訪れるでしょうが、本望。我善く生きたり...なんちゃって。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています