出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

賞味期限設定は難しい。

2007年07月25日
「賞味期限設定をお願いしたい」そういう依頼を最近ちょくちょく頂く。既存販売品の賞味期限設定の妥当性を確認する目的の場合は「製造当日又は翌日」・「賞味期限日」・「{(賞味期限日)−(製造日)}×1.3」の3回検査すればよいので何という事は無い。

頭を悩ますのは新商品。商品の衛生状況が安定しているのか、わからない状態で製造ロットは1点。その物の微生物数経時変化結果は勿論出せますが、常に菌数が安定した商品が出来るのか、製造1回分では結論は出せません。

しかし、その1回のみで賞味期限を設定してほしいと言われる場合があります、これは頭を悩まします。切羽詰まった状況での判断には慣れているつもりでもそれぞれケースバイケース中々しんどい。

中小企業の品質保証上の困り事を何とかするのが私の仕事。やりがいもあり、又面白くもあり。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています