出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

電話での販売・勧誘で苦情が2件以上寄せられたら、消費者庁・警察が即応する体制整備が望まれる。

2012年10月22日
「かかって来た固定電話番号をネットで検索しても事業者名が判明しない」これは怪しい事業者と思うのが普通でしょう。

2件以上そういう苦情情報を国民生活センター・消費者庁が把握した場合には警察・NTTの協力を得てその業者に警告を速やかに発するようにしては如何?でしょう。

その際は「関係者」の「実名」を確認しリスト化することも再発防止・抑止に役立つだろうと思います。...役人稼業も大変な時代、ですな〜。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています