出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

多賀城市が新潟県村上市と災害時相互応援協定を結んだとのこと。多賀城市民として新潟県にも頭が上がらない。

2012年10月17日

東日本大震災後、食糧がひっ迫する中、避難所に届いたおにぎり。新潟県内の会社製造であったことは記憶しておりますが、社名は失念。誠に失礼で申し訳なく思っております。

避難所でおにぎりを初めて見た時には「おにぎりを届けて頂けるようになったのか〜...これで身体的弱者の命がつながる...」と感涙したものでした。感謝に堪えません。

避難所に届けて頂いた時には消費期限は4〜6時間過ぎていたように記憶しています。道路が寸断される中、消費期限切れで届くだろうことをわかっていながら送り出すことにその社の品質保証職の方は苦悩なさったことだろうと思います。それでも出荷して下さったことを思い、届けて下さったおにぎりに深く頭を下げたものでした。こう書きながら、涙が滲みます。

東日本大震災後、全国の皆様が陰日向となり直接間接に支援してくださったことに言葉に表せない感謝を抱いております。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています