出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

宮城県の観光キャンペーン(DC?)は形あって心無し。

2012年09月29日
宮城県内の道案内の道路標識には観光客への配慮がありません。自県ナンバーのドライバーをさえ惑わすくらいですから、ナゾナゾ好きな人が作った道案内なのか?観光客来県を忌避する目的で作った道路標識なのか?なのでしょう。

国道45号線(多賀城市→塩釜市→松島町)を通った他県観光客は自分たちが歓迎されていないということをその道案内標識の解りづらさから思い知らされることでしょう。交通事故を起こさなかったなら、それは幸運です。ですから、リピーターとなる人は余程奇特な方々なのでしょう。

DCとかするならば、その前に他県出身で宮城県内道路に不案内な方々(転勤してきて間もない方々等)に県内をドライブしてもらい、改善提案をして頂くような初歩的施策はしないと、DCは単なる税金の無駄です。誘致されてしまった観光客は散々な思いをして「もう二度と行きたくない。あなたも宮城県への観光は止めた方がいいわよ」と喧伝することになるでしょうから。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています