出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

東日本大震災における人災から総務省が学んで頂いたなら、遠慮なく仙台市消防局を行政指導して頂きたし。

2012年09月06日
「防災放送鳴らず」を人的ミスに矮小化する仙台市消防局の態度は大震災の教訓に学ぶ真摯な姿勢が欠落しているとしか私には思えません。

聞こえない(鳴らない)警報機が人の避難行動を妨害し防災放送に信を置き留まった人を死なせたという認識が被災地防災行政機関で共有されていないのなら、到底看過できません。御霊への冒涜でもあると思います。

東日本大震災時同様の人災(フィードバック信号システム組込みの欠落)を防止するために、全国自治体への周知の意味も込めて総務省は遠慮なく仙台市を行政指導頂きたく思います。

天に唾する言動ですが、発災時名取市閖上に居合わせながら切迫感を持てず結果として存じ上げる方々をも見殺しにしてしまった罪人である私のこれがせめてもの償いです。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています