出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

日本の常識・感覚では信じられませんが....。

2007年06月10日
中国製品の安全性への不安感がまたぞろ高まっていますが、信じられない記事がありました。

読売新聞から以下引用

【北京=佐伯聡士氏報告】食品の安全性に対する信頼が揺らいでいる中国で、レストランの紙ナプキン、つまようじなどに潜む様々な病原菌が健康を脅かしていることが分かった。中国の有力紙「南方週末」が、中国調理協会が2006年に行った調査結果などをもとに伝えた。

 同紙によると、規定では、紙ナプキンにはいかなる回収紙も使ってはならないが、実際には、低品質のナプキンに回収したゴミを漂白したものが流用されていた。製紙工場に10年勤めた男性は、「原料の中には、使用済みの生理用ナプキンや病院が廃棄したガーゼもある」と証言。恐ろしいのは色つきの紙ナプキンで、漂白剤すら使わず、ゴミを着色してごまかしただけのものがあり、大腸菌や結核菌、肝炎ウイルスなどが検出されたという。

 低価格のつまようじも、状況は同じ。海南省海口市で昨年、広東省から購入した大量の「回収ようじ」が見つかった。レストランやゴミ捨て場から回収したようじを水につけてよごれを落とし、包装し直しただけで、この種のようじからは大腸菌や結核菌以外にエイズウイルスまで検出されたという。これらの紙ナプキン、ようじが輸出されていたかどうかは不明。また、使い捨てのプラスチックのはしやスプーンなどの食器を、不十分な消毒を施しただけで繰り返し使うレストランもあるという。


何ともそら恐ろしい話です。食品衛生法・厚生労働省の範疇ではなく、傷害致死罪・警察庁の管轄。覚醒剤より悪い。

万一このような物が仮に輸入されていたとしても日本の消費者が罹患を避ける手はありません。

利用後体内での潜伏期間を経て症状を呈する事になりますので、何が原因か・何の商品が原因か突き止める事は現実的には無理でしょう。幸運にも商品が特定され、販売店がわかれば、日本の慣習法では一定の販売者責任を問えるでしょうが。

輸入業者・販売業者には取扱い商品の安全性確認の努力を一層期待したい。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています