出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

質問されていろいろアドバイスしている中で質問者が絶句、な〜んてことは日常茶飯事。

2012年08月30日
「そんな決まり・法律があるんですか〜...(知らなかった...)」と絶句される。

「食品関係の法律を熟知している食品関係業者は精々1割程度ですから、青くなること(必要性)はないですよ。決まり・法律があるということを知っただけ上等ですよ。」という風に慰めること多し。

食品関連法に対する事業者側の習熟度というのは「精々」そんなもんですたい。それでいい、とは思いませんが、それが現実。驚きはしませんが、なんで行政機関は啓蒙を忌避するのだろうか?それ自体に対しては流石の私も目まいを感じることはありますばい。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています