出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

9月4日「食品中の放射性物質についての講演会と意見交換会」(於:仙台市)は興味津々。

2012年08月07日
食品の放射性物質規制値は厚労省が政治的に決めた値。

食品安全委員会の見解では放射性物質内部被ばくの健康影響に閾値は無い(微量の内部被ばくでも健康影響が出る可能性はある)とのこと。その見解に頭を抱えつつ?厚労省が経済性・実現性等々を考慮して...政治的に決めたのが現在の食品における放射性物質規制値。

意見交換会ではいろいろな話が噴出...もとい、出る、ことでしょう。私は元気よく意見・質問をしようと思います。

東北六県の自治体関係者が桜として出席するでしょうから、その方たちはひざに手を置いて有難く拝聴するという姿勢で意見・質問をするなど以ての外でしょうから、フリーな民間人・官側に無遠慮な...失礼、忌憚のない意見・質問をできる人がどれ程出席するか、その人数が多ければ私に発言機会はないかも、ね。

積極的に元気に挙手して発言・質問許可をアピールしてきます。って〜、まだ一ヶ月先の話ですが。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています