出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

食産業振興にあたる行政官は食品関連法を熟知していないと悪意なく不正競争に手を貸すリスク大。

2012年07月26日
食産業振興にあたる行政官は須らく当然食品関連法を熟知しているもの、と思っていました。ちょっとビックリ。官なれば少なくとも建前上は法令順守を旨としなければならないでしょう、立場上。

食産業振興の対象となる食関係事業者の多くは小規模事業者でしょう。ですから食品関連法順守に難はあるでしょう。順守出来ないだろうから、ある程度は目をつぶって振興する、というのが苦しいながら食産業振興の落とし所。

ある程度は目をつぶる、とは食品関連法に精通してこそのもの。精通せずにどうでもいいですよ、ではお話になりません。順法を建前とする行政機関として恐怖心を抱かないのだろうか、ちょっと理解に苦しみますが、...大変勉強にはなりました。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています