出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

消費者庁による景品表示法違反摘発は法令順守に努める事業者にとって朗報。

2012年06月29日

同業者による景品表示法その他違反が野放図な状況下では真っ当な事業者とその商品が不当に低い評価を相対的に受け、経営が厳しくなる。正直者・真っ当な者がバカをみる状況が続けば、気の毒なことに淘汰され、不正業者がばっこし、消費者にとっても不利益となるでしょう。

消費者庁は消費者のための官庁ですが、真っ当な事業者を間接的に保護・育成する役割も果たしてくれることが期待されます。継子の立場で仕事がしづらいだろうと思いますが、頑張ってくれているなあ〜、と一国民として感謝。

官庁には唾飛ばして文句言うこと多しな私ですが、柵の多いであろう苦しい立場でありながら、良いことをしてくれた時には感謝申し上げませんと、ね。有難うございます。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています