出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

NHKが総務省管轄の一官庁に過ぎないことを私は理解していなかった、震災直後私が犯した失態の原因。

2012年05月25日
震災直後の食料不足解消手立てを被災地内に広く知らせる手段として、私は不覚にもNHKを選択・頼ってしまったこと、これは私の犯した失態。

当時私が知る避難所などでの公の情報入手手段はもっぱらラジオでした、テレビは無し。

ガソリン入手出来ない状況で自家用車を他者のために走らせることを私はためらいましたが、衰弱する人をただ見ている自らの情けなさに怒り爆発。遂に2011年3月18日に多賀城市内から仙台市内中心部に車を走らせました。向かった先はNHK仙台支局。

複数県に早く知らせてもらうためにはNHKが最適と判断してしまった不覚。ガソリンをただ浪費しただけでした。距離的に遠い東北放送は選択できないにしても、FM仙台へもなぜお願いに行かなかったか、後悔先に立たず。

非常時であっても柔軟な対応・決断をすることが出来ない広域準官庁ではなく、狭域民間の発信力・行動力・気迫に期待をすべきだったと今は思います。高い授業料でした。近隣に「後に単なる廃棄物となる加熱済冷凍食品」がありながら、それが拠出されず結果衰弱した方々がいたであろうことを思うにつけ、重ね重ね吾が身の不徳をただただお詫びするしかなく、...慚愧。

被災地外の民たる品質保証関係者が私と同じように考えNHKにラジオで放送してくれるよう言ってくれたという話を私自身は知りません。恐らくは、隔絶された被災地内の状況がわからないのに憶測で動くことは控えるべきだと自重したのだろうと思います。

私の説明能力に問題があったかもしれませんし、NHKも悪気はなかったのでしょう、ただ食事情についてこれからはもう少し関心を持って造詣を深めて頂きたし。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています