出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

復興支援で小規模食品事業者の製品を扱ってあげたいと思う方は3点確認ください。

2012年04月29日
1、アレルゲン7種が表示義務であることを知っているか?
2、食品添加物の意味を知っているか?
3、消費期限・賞味期限を決めた根拠となる資料(細菌検査結果)を持っているか?

以上3点。小規模食品業界では食品関連法順守面で難があります。それを知らず善意で小規模食品事業者の製品を扱った場合、扱った方に迷惑がかかることにならないか?それが心配です。

小規模食品事業者に悪意はなく、ただ食品関連法面の知識不足が原因で違反・抵触してしまうのが一般的です。

善意で被災小規模食品事業者の加工品・製造品を扱った方が迷惑・損害を被ることにでもなれば、被災地住民として大変申し訳なく思いますので、3点は「柔らかく」ご確認ください。

...一般生菌数(又は生菌数)・大腸菌群、これらの用語とその意味を知らないということについては、目をつぶって頂きたい、...苦渋のお願いです。到底目をつぶることは出来ない、そう思う方が真っ当ではあります。

コンプライアンスに厳でなければならないお立場の方には...ご縁が無かったとお思い頂き、穏やかにそして静かに引いて頂くことを、伏してお願い申し上げます。...小規模食品業界で生菌数・大腸菌群の意味を知っている人は非常に稀ですので...。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています