出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

放射性物質規制値超過食材への即時賠償金支払いもできない混沌状況から脱せもしないのに、原発再稼働論議など論外。

2012年04月26日
福一事件後の事件処理を棚上げして原発再稼働を考える民主党は亡国の徒か?

権限の無い・実質下部組織でしかない岩手県・宮城県職員が超過問題について対象農業者・漁業者と話をしても単なる時間の浪費。

超過して出荷停止「命令」を県に指示するなら、当該中央官庁担当課長が直接出向き、農業者・漁業者に謝罪・説明する、それが真っ当なやり方。

政治家・中央官庁が権限の無い下っ端県職員(失礼)の後ろに隠れて矢面に立たないというのにはコメカミがヒクツク話。

「損害賠償金の入金が確認できるまでは出荷して構わない。」と解するのが社会人の常識。厚労省は社会人の常識を知らない裸の王様かもしれませんが、何れにしろ、冗談が過ぎる。

即時損害賠償金を支払わずに出荷停止命令を出す行為は憲法に違反するのではないか?生活が破綻する→自殺を強要する「命令」は憲法に違反するのではないか?何れにしろ、人でなしの命令、アイヒマン的行為。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています