出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

中央官庁は「健康に影響はない」と言う場合、「必ず」健康に影響がある数値基準を示さないと益々信用失墜を招くだけ。

2012年03月28日

「基準は?」と問われて、「...(ムニャムニャ〜)...」という返事で、「(とにかく)健康に影響はありません」「直ちに健康には影響はありません(根拠何かあるわけないでしょ、そんなこと聞くなよ〜)」の一点張りでは何から何までゴマカシか?と思われちゃうでしょうね〜、参ったな〜。

こちとら小規模・零細食品業界では行政の発表を根拠として消費者に説明するんですから、それじゃ〜、困ります。

小規模食品業界の人は消費者から質問されて回答に窮した場合は「弊社では国の見解に従っております。只今申し上げました以上のことはわかりかねます。大変お手数をお掛けして申し訳ありませんが、直接○○省の○○課にお問合せ頂けませんでしょうか?電話番号は...でございます。...」と申し上げた方がいいでしょう。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています