出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

放射性物質汚染についてもそう、国による食の安全安心行政においてはヘソで茶が沸く話多し。

2012年03月24日
食品行政機関が小規模食品業界も含めて取締をしないのは啓蒙・指導をしていない・してこなかった故、です。

この状況を所管中央官庁が自発的に改善する・改善しようとする、それはあり得ません。それは自らとOBに矢が飛んでくる行為に他ならないですから。

ですから、消費者庁が善意で食品表示一元化を検討してその結果がどうであれ、小規模食品業界に実のある啓蒙・指導をすることは無いですから、また取り締まることも又ありません。

費用対効果など適当な理由付けの下で中央官庁は啓蒙・指導を回避する、それは自明。地方自治体レベルで各々の食品行政機関が中央官庁の意向に逆らって啓蒙・指導するのはご法度。

食品行政機関が「真っ当に」啓蒙・指導をしてくれたなら...私も左うちわで生きられるでしょうけど、米びつの中を覗く日々は続く〜であろう〜、残念無念。私、米そんなに食べないんだげっともね、たとえ話でがんす。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています