出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

「営利目的の食品調理・加工・製造・販売をする場合には食品衛生法などを守らないといけないんです〜

2012年03月22日
面倒くさいですけど〜。」小規模食品事業者の多くは食品衛生法・JAS法・景品表示法・計量法など知らないのが普通ですから、そんな風に少し柔らかめに話をしても「おらっちにそんなもの(食品関連法)関係ね(守る必要ない)!」と怒号を浴びせられのがちょっと前までは常でしたね〜。

そう言われちゃ〜私も気持ちの良いものではありませんし、話をするだけ無駄ですから「そうですよね〜、食品関連法何か関係ないですよね〜。最近はいろいろ世の中うるさくなってきましたから、大変でしょうが、がんばってください。」と笑って退散。ちょっと前まではほぼこのパターン。そうです、小規模食品事業者に食品関連法など関係の無い話、それが現実。

私もそれでチョイと商売替えしました。小規模食品事業者にも食品関連法順守を消費者も所管行政機関も求める・求めている・求めるようになると私は大いに希望的観測をしてしまったのがそもそもの間違いでした。

小規模食品事業経営者が逆切れしたくなる気持ちもわかります、小規模食品事業者が食品関連法を順守するというのは並大抵のことではありません、がんばってどうにか出来るものではありませんので、所管行政機関が目をつぶるしか世の平穏は保たれません。

既存法でもそういう現状、はてさて消費者庁は食品表示一元化の落としどころを見つけられるだろうか...って落としどころは結論から言えばどうでもいいこと。結局は従前通り「目をつぶる」ことで平穏を保つことになるのは既定ですから。

私のへそ曲がり振り・ヒガミ根性もここに極まる、の巻〜。な〜んちゃって。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています