出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

消費者庁が検討中の食品表示一元化の中身に私は全く興味がありません。興味の対象は、小規模食品事業者個々へ足を使った啓蒙をする気があるのかどうか、だけ。

2012年03月17日

「消費者庁のホームページに改正内容を掲載しましたので熟読の上遅滞なく対処下さい」的大手向けの従来周知手法では、これまで通り小規模食品業界の食品関連法順守は覚束無い。

改正前以上に乱れるでしょうから、直接監督義務を負う所管行政官は増々足が遠のくでしょう。

改正になった場合には、必ずそうなります。

所管行政官が実務経験が浅く青い...失礼、生真面目に啓蒙・指導・監督に精励してしまったなら、その自治体だけが吐出して食品関連法違反が多いとマスコミ・消費者から誤解され又所管中央官庁から大目玉を喰らうことになりますので、真面目な人・自治体だけが不利益を被ることになりますので、そういう正直者だけが損をするバカバカしいことはしないというのが長き歴史によって固定化していますので、ね。

私って、チョッと言い過ぎ?...こりゃまた失礼しました〜、な〜んちゃって。公務員の人も大変でがんすな〜、申〜し〜。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています