出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

私の書いた食品苦情・違反における改善報告書文例・詫び状文例は広く流布することによって使いにくくなるか、と思いましたが、

2012年02月26日
本が思った程売れていない状況下、使う人には結構なことだと思いますが、先々まで長く使えるでしょう。
  
「皆困っていた・困っている・これから困るだろうから、数万冊は売れてしまうだろ〜な〜。そしたら、業界内ばかりか消費者にもひな形として知れてしまい、文例はだんだん使いにくくなって行くだろうな〜。」

な〜んて、思っていましたが、いやいや老婆心。数千冊しか売れていませんので、この先数十年小規模食品製造・加工事業者の方はそれら文面をひな形として使えるでしょう。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています