出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

食品苦情・トラブル・違反に関する報告書・詫び状はそれぞれの事業者の自力・事業環境によって書き方は異なります。

2012年02月26日

小規模食品製造・加工業界では非の打ち所の無い報告書・詫び状は書けませんし、書いてはいけません。自面だけ立派なこと(科学的・論理的文面)を書けば嘘になってしまいます。

文例を参考に個々の事業者の現在の自力・事業環境に照らしてアレンジしてください。

所管行政から顛末書の提出を求められた場合は、その行政官に「すみません、どのように書くのかわかりません。すみませんが、教えて頂けませんでしょうか。」と腰を折って教示を乞いましょう。食品関連法所管行政官は一般に品行方正で優しい心根の人が多いですから。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています