出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

食品関連法がどう改正されようと、小規模食品業界には関係の無い話、ではある。

2012年02月25日
最近は小規模食品業界の商品に貼付するラベルの体裁は一見良くなってきました。

品質保証実務経験の長い人でないと誤りを見つけるのは難しいレベル、に小規模業界もその点は改善されてきています。

「一見」適正である、そのレベルには所管官庁も各事業者に自助で引き上げてほしい、でしょう。

...現時点では食品表示がわかりにくいがために、法に照らして適正なのか不適正なのかも霞がかかった状態なのですが...わかりやすい表示へと制度改善方向へ進めば、霧が晴れて適正・不適正の判別が消費者でもつけやすくなる、な〜んてね。

費用対効果・実現性などを政治的、に勘案して制度改正有無・その内容は決めるもののようですので、ヤブヘビになる事態は起こらないでしょう...起こさないでしょう、が適正な表現、かな?

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています