出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

共産党多賀城市義の孤独死防止対策強化は無いものネダリ。生物は孤独に逝くもの。

2012年02月25日
看取られながら逝く方々がどれ程いるというのか?残念ながら、人は孤独に逝くもの、それを全否定するならば、独りで生活する方々を寮のような集団生活で朝昼晩と点呼することを提案したら?孤独を愛する私のような者もいる、人はそれぞれ。

私が斜に構えた冷たい視線を向けるのは...避難所でお世話になっていた4週間程の間、共産党議員を含め、多賀城市議の方々の動静は「一切」見聴きしませんでしたので...その時の「後ろめたさ」から今一生懸命点数稼ぎしているのでしょう、その姿や甚だ見苦しい。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています