出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

...とか何とか言っちゃって...小規模食品業界では放射能の話は話題にさえ上らない。

2012年01月31日

小規模食品事業者が使用する原料は流通する食材・食品でそれらは国が流通を可としている物なので気にせず使用する、というのが既定路線ですから、私にどうなんでしょう?と訊く人は皆無。良い悪いというより...それが現実。

私が国に求めるのは、農・畜・水産物の収穫・出荷前の全数検査。

一旦出荷・流通した農・水産物を後で回収を呼びかけても小規模食品事業者が購入使用した場合トレースは出来ないですから、国としては「直ちに健康に影響はない(たぶんね!)」というこれまた規定路線の発表をすることになるでしょう。

「直ちに」と言うにも全数検査(50万ベクレル/kgとか500万ベクレル/kgとかの高線量食材有無検品)してこそ初めて言える話、です、からね〜。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています