出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

福島県に寄せる同情は後半年、福島県庁・農水産物生産者はそう思った方がいいでしょう。

2011年12月29日
12年産米の収穫期には全国の消費者の大半が口に出して忌避する風潮に至るでしょう、全国の人々もそれぞれ自分の生活がありますので。

放射能汚染された福島県産食材を公然と拒否できない雰囲気はそう長くは続きません。農水省・厚労省・文科省がデータを出し渋る・検査を忌避しても。

そうはならない100%の自信があるならともかく、それも懸念するなら、食用生産でない「生きる」道を模索した方がいい。

福島県民が正当に同情・賠償を得られるためにも考えた方がいい。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています