出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

残留農薬基準違反。検査頻度の問題です。

2007年05月13日

基準違反の有無は検査頻度と相関します。特に関係機関への法令周知がされていない「残留農薬」を始めてする食関連法の遵守度調査は調査をすれば抵触が複数件散発するのは当然です。

検査をすることはよいことですが、そういう事情を認識せずに検査を実施すれば違反が見つかるのはこれ又当然です。

周知と検査のバランス。

法令が実際に施行された後でも、周知を図った上で、関係機関の認知度を調査し、周知が徹底されたことを確認してから検査をしないと、検査される側も検査する側も違反検出で慌てることになります。

法令で検査が義務付けられているものを除いて、自主検査する場合は一層一連の状況認識は重要です。

地方の零細では悪意はなくとも情報過疎で法令を知らずに違反。こういう事例を踏まえた対応を。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています