出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

厚労省・農水省は福一由来の放射性物質汚染食材による顕在化死者数を何人までは諾と考えているのだろう?

2011年11月26日
厚労省・農水省は食を通じて年間何人以内の「顕在化する」死者がでることは許容と考えているのだろうか?

生卵・畜肉生食などについては年間単発「顕在化」死者数が合計10人以内なら許容と考えてきたように私は思っていますが...

果たして、福一由来の放射線については年間どのくらいの死者数なら自省の責を消費者から厳しく問われることは無い、と思っているのだろうか?

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています