出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

原料原産地の「新基準」

2006年11月10日
2006年10月2日から原料原産地の「新基準」が義務化されました。
対応状況や如何に。
 
地元スーパーで点検してきました。義務化前とはいえ、業者の混乱・戸惑いが透けて見える表示状況でした。零細食品企業には複雑でわかりにくい改正なのだな、と実感した次第。行政としては猶予期間を2年間も与えたんだからということになるのでしょう。啓蒙不足というより業者側感度の問題でしょうか、一概には言えませんが。

農水省HP内の
加工食品品質表示基準Q&A(原料原産地表示)「PDF版」
で自社商品の適正な表示方法を確認して下さい。

因みに82ページもあります、目次を見て該当ページを熟読して下さい。香辛料の場合、原料原産地の表示は不要ですが、ニンニクには必要な場合あり。複雑で難しいですね。 

恐らく各地の食品表示ウォッチャーも混同・混乱していると思いますので、原料原産地表示について保健所への問合せ件数が激増するでしょう。

保健所職員も多忙ですから、余計な手間を掛けないよう、心証を悪くしないよう、適正な表示を心がけて下さい。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています