出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

宮城県産生食用カキの出荷が始まったそうで、私としては複雑な心境。

2011年10月31日
基本的に宮城県沿岸産の海産物は放射性物質汚染の詳細調査が済むまで(丸1年以上)は出荷するべきではありません、例えサンプル検査で不検出であっても。精度の問題はあっても放射性セシウム全数検査(少なくとも致死量に達するものが混入していないと証明できる検査)をするなら別です。

福一事件が無ければ単に重金属のサンプル検査のみで出荷可と出来たでしょうが。

復興に向け立ち上がろうとする人の足を引っ張ることを言わなければならないことに...意気消沈。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています