出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

BSEによる米国産牛肉の輸入規制は「大幅に」緩和されるでしょう。

2011年10月31日
放射性物質規制がこれだけ国内でゆるゆるなのに、食の安全視点で他国と交渉で強いことを言える道理がありません。

厳しいことを言えば、返す刀で「貴方の国(日本)では放射性物質汚染食品流通が野放しではありませんか?(冷笑)」とヤブヘビになるでしょうから。

「日本国内の放射性物質汚染食品のことには触れないでください、その代わりアメリカの要求はほぼそのまま丸のみしますから...(揉む手)」と言うしかないでしょう。

様々な食品の輸入規制(国内品はノーチェック流通なのに、輸入品については検査を行い、実質不平等貿易をしている状態)は実質緩める方向に水面下(国民を出来るだけ刺激しない緩和手法で)進むでしょう。

なんてったって、日本国内の放射性物質規制値(国民の健康より原発村保護を主目的としたまやかしの数値)について相手国から持ち出されたら、脳みそがあるなら毅然とした態度をとれようはずがありません。

あ〜あ、参った、参った、こんな状況で食品関連法順守もなにもあったものではありませ〜ん。2〜3年喰えないな、私は。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています