出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

腐敗・風味苦情の初期対応とは?

2007年08月14日
自社製造の食品が「変な臭いがする」「色がおかしい」「味が変だ」という腐敗が疑われるような苦情連絡があった場合、どうされていますか?間髪を入れず行うのは細菌検査です。

当該品を受取りに行く、遠方の場合着払いで送って頂く、その際丁寧に応対し、連絡頂いた事に謝罪と謝意が十分伝わるようにして下さい。

現物入手後直ちに一般生菌数と大腸菌群の検査を開始します。入手が夜でも直ぐに検査を開始します。翌朝検査の途中結果を観察します。

腐敗が起こっている場合は、この時点で一般生菌数は少なくとも10000個/gを超えています。腐敗しているかどうかはほぼ半日で判断がつきます。

参考にして下さい。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています