出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

「食品包装資材会社」が表示適正化のキーパーソン

2007年07月25日

食品表示を適正に行う事は中小零細食品事業者には厳しいのが実情です。

毎年法改正・通達が追加される食品衛生法・JAS法・景表法等の食関連法を逐次情報収集し、食品表示を適正化する、簡単な事ではありません。

食品包装資材の製造・販売事業者は比較的規模が大きいですから、人材を確保している。原材料一括表示の詳細ルールの解釈には化学知識が必要です。

これらの技能を身につけた従業員を活用し、顧客中小零細食品事業者に食品表示をコンサル営業する・出来る食品包装機材・資材・印刷企業が出てくれば、企業間競争で食品表示コンサル営業が標準になるかもしれません。

関東・関西ではそのような動きが既にあるかもしれませんが、仙台ではまだ聞いた事がありません。一歩先ずるのはどの企業か、消費者の表示に対する関心の今後の高低が根本的キーですが。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています