出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

保健所から大腸菌群陽性と連絡が来た時

2006年10月17日
保健所から「御社製品○○○が大腸菌群陽性だった」と連絡が来た時はこうします。以前と異なり、食の安全に対する社会状況を反映して、保健所の対応は厳しくなってきました。速やかな対応が先決です。

日常的に製品の細菌検査を自社でしていなければ、大腸菌が陽性であった製品の賞味期限日又は消費期限日を保健所から教えてもらい、その日付の物・その他日付の物を直ぐに細菌検査します。

偶発的に陽性の製品が出たのか、日常的に陽性の製品が出ているのか、発生原因調査のためには上記の検査が不可欠です。これをしないと保健所は日常的に発生している可能性が高いと判断し、厳しい対応を取らざるを得ません。

基本的に保健所は製造業者を啓蒙指導する姿勢を取っており、誠実な企業にはやさしいです。そういう保健所職員の温情に感謝し、誠実な対応を心がけて下さい。不誠実な対応は温情を示した保健所職員の立場を悪くし、苦しめます。

公的検査機関に検査依頼する場合、依頼日から10日後に検査結果が届くのが普通です。これではあまりにも日数がかかり過ぎ、事故・クレームの対応には用をなしません。(公的機関は権威があり、社会的信用度が高いですので、定期の衛生状況把握等、ゆっくり検査結果が出るのを待てる時はこれらの機関を利用するメリットは大です。)

大腸菌群の検査は検査開始から2日後には検査結果が判明します。どこか即応してくれる民間会社に事情を話し、検査を依頼して下さい。衛生物品を購入している会社に頼むのが適当です。

出た検査報告書を基に、原因究明と改善策を記した事故報告書を作成・提出します。

これが一連の標準的流れです。

再検査で大腸菌群陰性であれば、事はスムーズに進みますが、再検査でも陽性の場合は食品衛生に精通した方に相談して下さい。身近なところでは、前述の衛生物品購入先の営業マンに相談するのが適当と思います。

購入先の営業マンであれば、他に話が漏れずに内々に対応してくれるはずです(別項でも書きましたが、こういう緊急時には出入業者はとても頼りになります。快く引受けてもらえる良好な取引関係がものをいいます。出入業者営業マンへの日頃の配慮が一連の緊急時対応迅速化のキーとなる場合もあります。)。

地元の保健所単独での指摘であれば、地元保健所の迅速な対応・指導により、企業としての損害を極小化できることもあるかもしれません。一方、他の保健所が違反を発見し、御社管轄の保健所へ連絡した場合、複数の保健所が関係しますので、処分が厳しくなることは避けられません。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています