出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

ミートホープの元社長やカビ米食用転用の元社長も単に食品関連法を知らなかっただけの話で私は極悪人とは思っていません。

2011年09月25日
この程度の話なら、そこここに今もいくらでも転がっていますので。私が中小食品事業の経営者・オーナーに食品関連法を周知・啓蒙する必要性を所管官庁に説いてきたのは、それが底上げの有効な方法だろうと思うからです。

所管官庁が消費者側からの突き上げを受けて、仕方無く摘発するという「ガス抜き」程度では、広く食品関連法順守を事業者に周知する効果はほとんど期待できません。小規模食品事業者の経営者は多忙なのとその方面への関心が薄いのとが相まって、明日は我が身ということを知りません。

牛肉の生食で死者を出した飲食店の経営者はまだ上等な部類だということを知る人は少ないように思います。死者を出したのですから、結果責任は重大ですが、あれでも食品関連法と食品衛生管理面では上等であったようですので、所管官庁・所管自治体にとっては逆に行政処分が難しいという状況になった、と私は見ました。

世の中とは、なかなかに複雑怪奇、です。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています